居酒屋で接待

ここに注目すれば安心!居酒屋で接待する際のポイントを紹介します。

宴会と接待の違いとは

仕事の付き合いで居酒屋を利用する機会は、ビジネスマンの多くが経験するシチュエーションです。
友人と飲む席とは異なり、最低限のマナーやコミュニケーション方法が必要になるので、作法を知っておくだけで失敗する可能性も低くなります。
仕事上の付き合いで居酒屋を利用するシチュエーションは、忘年会や職場の親睦会で利用するケースと、得意先の相手や重役をもてなす接待のケースが代表例です。
宴会の場合はある程度の無礼講も許容
してもらえることが多く、たとえそこで失敗したとしても、そこまで大きな責任にまで発展することはほとんどありません。
一方の接待は、基本的に仕事の延長線なので、いかに相手を満足させて、今後の付き合いに良い影響をもたらすのかが重要になります。
つまり、自分よりも相手のことを最優先させることがポイントになるのです。
このような違いをしっかり把握して、接待する時は気合いを入れて挑みましょう。

接待に効果的なお店選びのポイント

続いては、効果的なお店選びのポイントを紹介します。
ここでまず準備しておきたいのが、相手の好みを把握しておくことです。
「どんな料理が好みなのか」や「よく行くお店はどのようなレベルなのか」がポイントといえます。
例えば、相手が嫌いなジャンルのお店だった場合、どんなに高級なお店だとしても満足してもらえる可能性は低くなります。
また、普段よく行くお店よりもグレードが低くなると、接待される側の心証が悪くなることも考えられるのです。
したがって、事前のリサーチはとても重要になります。
これを把握できたら実際にお店を予約してみましょう。
ただし、時間制限にも注意して下さい。
高級店であれば問題ありませんが、居酒屋チェーンなどは時間制限が設定されている可能性があります。
この場合、商談につながる大事な話に発展することもあるので、時間制限のお店はできるだけ避けることをオススメします。

座席や雰囲気づくりも影響する

そして、雰囲気づくりも大切なポイントです。
まず、座席環境ですが、個室といっても安心できません。
お店によっては話が筒抜けで、会話に集中できなくなる場合もあります。
隣の個室にどんな客層が来るのかもわかりませんし、宴会のような騒音が聞こえてしまっては大きなダメージです。
これも事前に問い合わせておきましょう。
また、常に相手のグラスが空かないように気を配り、相手の気持ちよくなる話に誘導すると効果的です。
リラックスすればするほどに、相手の構えが弱くなり、商談の話が上手く進むことに期待できます。
以上のように、接待を成功させるためには事前の調査からお店選び、さらには雰囲気づくりなど、あらゆるポイントに気をつかって計画することが重要です。
これを抑えておけば、相手に満足してもらえる可能性がアップしますよ。

接待にオススメの流山のお店「おが和」